« 「新しい歴史教科書をつくる会」炎上中 | トップページ | 米移民労働者メーデーによせて »

プレカリアート・「自由と生存のメーデー06」デモ不当弾圧弾劾

 転載です。

津村洋@メーデー救援会です。

・・・・・転送・転載大歓迎・・・・・

メーデー救援会
http://mayday2006.jugem.jp/

あこぎで好きほうだいの暴政をはねかえし、3名の仲間を取り戻そう! 支援・カンパを!

◆あらかじめ逮捕狙いの拉致

 2006年4月30日午後、神宮前穏田区民会館にて百余名が参集し、昨年に引き続いて「自由と生存のためのメーデー06」を開催しました。しかし、集会後にデモを準備する段階から、警察側から異様な恫喝、脅迫が迫ってきました。まるで税金ぼったくりの公安警察・機動隊の既得権益を守るためなら、フリーター、失業者や不安定雇用者などの権利など、くそみその虫けら同然という対応です。

◆警察はドロボーのはじまり

 原宿から渋谷に向かう私たちデモ隊にたいして、公安警察・機動隊は、サウンドデモのDJ、防衛するもの、バルーンでメーデーを訴える仲間を無慈悲にも次々と逮捕しました。あまつさえ、先頭のサウンドカーを暴力的にむりやり強奪したのです。まさに公権力による表現機材の強奪、ようするにドロボー行為です。絶対に許せません。

◆差し入れも拒否する拉致・監禁

 デモ後の30日夜は、約30名による不当弾圧抗議・激励行動を、原宿警察署、渋谷警察署にたいして行いました。が、これまでと違い、逮捕された仲間の生存にかかわる生活必需品の差し入れすらさせないのです。警察による法律の恣意的な強制・独裁がまかりとおり、拉致・強制連行・監禁のどぎつさは、欧米諸国に比べてもずっと酷い実態です。

◆弾圧を許さない相互扶助・連帯を!

 今から120年前、メーデーの起源となったアメリカのストライキでは、「仕事に8時間を、休息に8時間を、おれたちがやりたいことに8時間を!」と唄いました。その直後、無産者の仲間にたいして、銃撃、爆弾、絞首刑、大量逮捕がなされたのです。いったい、この日本は歴史を経てどんな違いがあろうというのか?
 暗黒の事態をはね返すために、なせるあらゆる努力を傾注しよう。
 幽閉されし3名の仲間への心からの救援・支援・カンパをよろしくお願いいたします。

2006年5月1日 メーデー救援会

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
カンパ振込先(暫定):
郵便振替 10080-91518311
口座名 フリーター全般労働組合
※通信欄に『救援カンパ』とご明記ください

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

  5月4日付。訂正です。

 「カンパ振込み先を間違って伝えてしまいました。ご迷惑をかけ申し訳ございませんでした。以下のように訂正いたします。」

郵便局「ぱるる」 記号 10080 番号 91518311
口座名 フリーター全般労働組合
※通信欄に「救援カンパ」とご記入ください

|

« 「新しい歴史教科書をつくる会」炎上中 | トップページ | 米移民労働者メーデーによせて »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレカリアート・「自由と生存のメーデー06」デモ不当弾圧弾劾:

« 「新しい歴史教科書をつくる会」炎上中 | トップページ | 米移民労働者メーデーによせて »