« 日本の仏教についてのノート(8) | トップページ | 日本の仏教についてのノート(10) »

日本の仏教についてのノート(9)

 日蓮の思想
 日蓮は、比叡山・高野山などでの教学研究の末に、「法華経」をあらゆる経典の中で最勝とした。そのことから、最澄の天台教学に原点回帰するという姿勢を取った。正像末の三時における法と行の区別を立てて、末法の正法を「法華経」から導き出した。「今末法に入って二百二十余年」(『曾谷入道等許御書』)であり、末法のはじめの500年の内に、釈迦仏(大覚仏)が、末法の正法の弘通を託した「地涌の菩薩」の上首(指導者)たる上行・無辺行・浄行・安立行の四菩薩が再誕するとしている。この「地涌の菩薩」は、「法華経」従地涌出品には、「身皆金色。三十二相。無量光明」と、如来の相をもっていると書かれている。すでに仏である菩薩は、釈迦如来の分身の諸仏だと説かれている。「地涌の菩薩の中の上首唱道・上行・無辺行等の菩薩より外は、末法の始の五百年に出現して法体の妙法蓮華経の五字を弘め給うのみならず、宝塔の中の二仏並座の儀式を作り顕すべき人なし」(『諸法実相抄』)。

 「法華経」が説く「地涌の菩薩」「釈迦如来の分身仏」が、末法のおいてどこに現れるかということを、日蓮は、他のインドや中国の経文などに東(東北)の小国とあることなどから、日本であるとしている。日蓮を上行菩薩とするのは、日興門下の大石寺派であるが、日蓮自身は、「日蓮・末法に生まれて上行菩薩の弘め給うべき所の妙法を先立ちて粗ひろめ、つくりあらはし給うべき本門寿量品の古仏たる釈迦仏・迹門宝塔品の時・涌出し給う多宝仏・涌出品の時・出現し給ふ地涌の菩薩等を先作り顕はし奉る事、予が分斉にはいみじき事なり」(同)として、上行菩薩ではないと書いている。であれば、末法から500年のうちに、上行をはじめとする四菩薩は、すでに日本に現れたのだろうか? 日興の言うように、日蓮が上行菩薩だとしても、その他の三菩薩は現れたのか? 日蓮が書いたものからは、彼が、上行菩薩ら四菩薩が出現する末法入りから500年に入ったので、その露払いをするものと考えていたようである。 

 それから、日蓮の思想の特徴としては、現証を重視するということがある。末法入りの現証として、地震・飢饉・疫病・争い、などの五濁の世相や謗法の現れとして、「他国侵逼の難・自界叛逆の難」をあげる。

 そして、日蓮の「愛国心」である。それは、まず天照大神の開いたという神国日本という意識であり、それは、故郷の東条が、源頼朝によって、伊勢神宮の御厨となり、その地に天照大神が住むようになり、日本の中心となったと書いているように、郷土愛から「愛国心」が発展したというような感じである。その背景にあるのは、網野氏が指摘した平安末あたりからの、海の道の発達による各地間の交通によって、全国の情報が交錯したことによる空間意識の拡張であろう。そこには、全国を巡る職人・商人などの往来活動があったろう。しかし、日蓮の神国意識と「愛国心」は、謗法ゆえに諸天善神がこの国を離れてしまっており、その守護を失ってしまったという認識から、正法への帰依によって諸天善神を守護神として呼び戻すことによって、回復されるべきものなのであり、現状に対する根本からの否定の意識である。

 日蓮の神国意識は、天照大神をはじめとする太陽信仰を基礎にしているようで、始めて、故郷の海で、朝日に向かって、南無妙法蓮華経と唱えたという開宗宣言の逸話は、それを表しているようである。彼は、富士山を大日蓮華山と呼んで、本門の事の戒壇をもうけた寺を建てるように指示している。さらに、謗法ゆえの亡国という危機意識、蒙古による日本侵略の預言、等々に見られる「憂国」の想い、等々、日蓮には、石母田正氏がいう、中世における国民意識の成立の一端が見えるといえるのかもしれない。

 それは、一方では、金による圧迫から、続く、蒙古からの圧迫の中で、内部的にも、商業が発展し、地主であると同時に科挙による文人官僚でもある士大夫層による統治体制が、内部腐敗や武力の弱体化などによって、弱まっていたことを、知っていたからかもしれない。科挙は広く門戸が開かれていたために、一代で士大夫入りして地主となる者もあり、その逆のこともあったように、階層移動をすることができたという。日蓮は、宋に入っていないが、宋の現状についても、情報は得ていただろう。当時、儒教を元に朱子が朱子学を作り上げ、北方からの脅威の強まりのなかで、「愛国」的になっていた中で、「大義名分論」を主張して、宋の正統性を強調していた。入宋した道元は、宋の仏教界の堕落した姿に不満を抱いて、唐代の禅者に共感を寄せるようになった。

 国主=朝廷とする神国とする日蓮の考えの大本は、彼の郷土愛にあるように思われる。日蓮の文章にはたびたび故郷のことが出てくるし、また、先に引用したように、その生まれを誇る言葉も度々出てくるからである。日蓮の出自の身分の低いことをとやかくいい、難じる者もあったようで、それに対して他に並ぶものなき「法華経」の行者としての誇りを持って対していたようである。

 しかし、それは、あくまでも思想としては、やはり、信を基礎とし、それを基準にすえた上でのことであり、正法に帰依しない謗法にたいする現証としての「他国侵逼の難・自界叛逆の難」としての亡国への危機感なのである。実際の歴史は、執権北条時宗の下、1274年10月(文永11年)の文永の役と1275年(建治元年)の二度の蒙古の来襲を、御家人・武士の戦いで、退けた。その様子について、対馬・壱岐での蒙古軍の残虐行為などの記述が、日蓮の書に見られるが、『立正安国論』を用いなければ、やがて日本全体が同じような目にあうだろうというようなことを書いている。しかし、それも、後にはあまり言われなくなる。蒙古襲来の撃退という結果の評価については、述べていない。朝廷の命によって、調伏・儀式を行った神社や大寺院は、こぞって、それを自らの手柄と主張しあったという。

 御家人たちは、それまでに、御家人・武士たちの多くは、総領制下の分割相続によって貧窮していて、それに弘安・文永の役による負担によって、さらに貧窮の度を強めた。それに対して、幕府からの十分な恩賞がなかったことで、御家人たちの幕府に対する不満が強まる。小なりといえども、土地を分割相続した庶子たちは、独立した小世界を持ち、独立心を持つようになったことだろう。もちろんそれは、総領の指揮の下に、一族・郎党が従わねばならないものであった。女性への相続も行われた。このことが、日蓮が女人成仏を積極的に主張することの背景にあったのかもしれない。なお、日蓮は、神后皇后を天皇に数えている。しかしこうした土地の分割相続は、同時に、貧窮化を引き起こす。この頃、土地の売り買いは原則的に自由だったようだが、次第に、土地売り買いに制限がなされるようになり、分割相続から、やがて一子相続に変わっていく。

 日蓮は、「山川草木、悉皆有仏性」すなわち一切が心という唯心論の立場に立つ。「衆生の心けがれるれば土もけがれ心清ければ土も清しとて浄土と云ひ穢土と云うも土に二の隔なし只我等が心の善悪によると見えたり、衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生と名け悟る時をば仏と名けたり」(『一生成仏抄』)。また、「凡夫即仏なり・仏即凡夫なり・一念三千我実成仏これなり」(『船守弥三郎許御書』)。人々が迷うことが衆生であり、悟ること、信によって心に迷いがないということが仏であり、それが本尊がすなわち心そのものとして映し合うということなのである。日蓮は、衆生としての迷いを脱し、信にいたる行としての南無妙法蓮華教の唱題によって、悟り・即身成仏があるとしたのである。この状態そのものが生死即涅槃の姿なのであり、この行を続けることが必要なのである。こうして日蓮は、天台本覚思想から完全に離れたのである。

 日蓮の手紙には、白米や油や着物などを寄贈されたことを記しているものが多くあって、延暦寺のように荘園領主化して、領地からの租・課役などによる生活とは無縁で、こうした食糧から日用品の細々したものまで、檀那衆の施しでまかなっていたことがわかる。
 
 日蓮没後、六老僧と呼ばれる高弟たちの中で、日興が、他の5人を、日蓮の教えに反したとして義絶する旨を記した文書を書いている。その中には、日蓮を天台宗の末流として、上行菩薩の再誕ではないと否定したという理由も挙げられている。日興は身延山を出て、新たに大石寺を建て、日蓮の正統を継ぐ者と主張する。その後、大きくは二つに分かれた日蓮宗は、明治維新後、明治政府の宗教管理政策によって、無理やり合併させられたが、後に、富士大石寺派は、日蓮正宗として分離する。

|

« 日本の仏教についてのノート(8) | トップページ | 日本の仏教についてのノート(10) »

歴史」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の仏教についてのノート(9):

« 日本の仏教についてのノート(8) | トップページ | 日本の仏教についてのノート(10) »