« うつ病対策しない会社は未来が暗い | トップページ | 『沖縄ノート』裁判・再論 »

誤読から始まった『沖縄ノート』裁判

 保守思想家の山崎行太郎氏のブログに驚くべき事が書いてある。
 
 今、教科書検定での沖縄戦集団自決での日本軍の強制性の削除をめぐる沖縄の反発が強まっているが、この文科省検定の根拠のひとつとされた大江健三郎氏の『沖縄ノート』の記述をめぐる名誉毀損裁判について、山崎氏は、それが、曾野綾子氏の『ある神話の風景』での誤読・誤認に始まったというのである。
 
 この裁判で、大江健三郎氏が、はじめて、証言に立ち、反論を行ったのだが、それに対して、保守陣営の側から激しい批判と罵倒が浴びせられた。ところが、それらは、『沖縄ノート』も『ある神話の風景』もまともに読んでおらず、たんなる悪口の類のものでしかないというのである。
 
 山崎氏ならずとも、何かを批判しようと思うなら、少なくとも、まずは、批判の対象をよく読み、誤読のないように、注意して、正確に読むという手続きが必要なことは、言わずもがなのことなのである。まして、書くことをなりわいとしている作家であれば、なおさらのことである。その作家の一人である曾野綾子氏が、その基本的なところで間違いを犯しておきながら、他の作家の書いたものを批判しているとなれば、当の作家自身から、名誉毀損で訴えられたら、敗訴の可能性が高いだろう。
 
 曾野氏は、あっさりと、というか、あっけらかんと、そんな誤読にのっとった議論を開陳しているようだ。それにもまして、曾野氏の誤読を検証するどころか、それに無批判にのっかって、その誤読を繰り返している保守論壇の姿に、山崎氏はあきれはてている。この誤読は、大江健三郎氏が法廷で指摘しているところである。それが、曾野氏の作家としての評価を下げることになるのは明白である。
 
 池田信夫氏は、曾野氏の誤読にのっかっている一人である。
 
 池田信夫氏は、「「SPIO」という雑誌に、曽野綾子が登場し、これまた無知無学を絵に描いたような池田信夫とかいう御仁を相手に、「誤字」「誤読」に基づく間違いだらけの「集団自決問題の真実」とやらを、あたかもこの問題の権威者であるかのごとく、まさか、作家としては恥ずべき、自分の初歩的な「誤読」からすべては始まったなどとは夢にも思うことなく、それ故に、恥も外聞もなく、堂々たる態度で、傲岸不遜、自信満々に、ご披露している」曾野氏に迎合している。

 そこで曾野氏は、大江氏が同書において、「罪の巨魁」と書いているとして、そんな罪の塊のような人物はどういう人かと興味を持ったことが、『ある神話の風景』執筆の動機だったと言っている。ところが、その部分は、実は、「罪の巨塊」と書かれているのであり、誰の目にも明らかな誤読だというのである。巨魁は人物であるが、巨塊は、ものである。両者は別ものである。どうしてそういう誤読が起きたのか、不思議だが、フロイトの精神分析学の立場なら、こういう間違いには、深層意識のなんらかのメカニズムが働いていると見るところだ。
 
 それにしても池田氏は、自ブログで、「沖縄で集団自決が起こる前にも、サイパン島の「バンザイクリフ」で1万人もの民間人が投身自殺したが、これを「軍の強制」だという人はいない。沖縄でも、同じことが起こったと考えるのが自然だろう」と粗雑な推測を書いている。そして、こうした集団自決の原因を、「軍が強制しなくても、人々にみずからの命を絶たせるほど強力な空気とは、何だったのだろうか」と空気に求めている。氏の思考は停止状態である。氏の論理は、言語ゲームだのの流行思想からの借り物ばかりであり、そうした思想の責任をそれらをつくりあげた人たちに帰している。池田氏の思想や考えはあるのか? 考えているような格好があるだけで、自ら考えていない。したがって、氏の思想には責任感も倫理感も欠けている。つまり、氏自身が、空気に動かされているだけなのだ。「風に吹かれて」というわけだ。
 
 つまりは、曾野氏や池田氏やその他の保守論壇こそ、今日の社会の倫理崩壊の空気をつくり、また空気に動かされているということだ。

 曽野綾子の「誤読」から始まった。大江健三郎の『沖縄ノート』裁判をめぐる悲喜劇。(山崎行太郎の毒蛇山荘日記)

 大江健三郎の『沖縄ノート』をめぐる名誉毀損裁判で、被告の大江健三郎自身が大阪地裁に出廷し、かなり詳細な証言をしたことから、特に保守陣営側から、証言内容はそっちのけの、大江健三郎に対する激しい批判と罵倒が新聞やネットに氾濫したわけだが、驚くべきことに、と言うか、当然と言えば当然のことにと言おうか、大江健三郎批判や罵倒を繰り返す人たちが、揃いもそろって、問題の本、つまり大江健三郎の『沖縄ノート』は言うまでもなく、曽野綾子の『ある神話の背景』(『集団自決の真実』に改題)さえも、二冊とも本屋に行けばいつでも手に入るにも関わらず、ろくに読まずに、マスコミ情報やネット情報を元に、大江健三郎批判や罵倒を繰り返していることがわかり、いささかシラケルと同時に、あらためて最近の保守論壇や保守思想、ネット右翼のあまりの無知無学、思想的レベルの低さに愕然とし、同時に爆笑したわけだが、そういう必読文献とも言うべき問題の本も読まず、関連資料を点検することもない、無知無学だけが自慢の人たちによる幼稚・稚拙な大江健三郎批判や罵倒の起源が、『沖縄ノート』裁判の仕掛け人の一人である曽野綾子の『沖縄ノート』への「誤読」に由来することは、余り知られていないようなので、ここに、実証主義的手続きの下に(笑)、論証しておくことにしよう。さて、「SPIO」という雑誌をご存知だろうか。小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』が連載されている雑誌と言えばお分かりだろうか。まあ、雑誌の名前などはどうでもいいのだが、その、「SPIO」という雑誌に、曽野綾子が登場し、これまた無知無学を絵に描いたような池田信夫とかいう御仁を相手に、「誤字」「誤読」に基づく間違いだらけの「集団自決問題の真実」とやらを、あたかもこの問題の権威者であるかのごとく、まさか、作家としては恥ずべき、自分の初歩的な「誤読」からすべては始まったなどとは夢にも思うことなく、それ故に、恥も外聞もなく、堂々たる態度で、傲岸不遜、自信満々に、ご披露している。たとえば、池田信夫を相手に曽野綾子曰く、

 決定的だったのは、大江健三郎氏がこの年刊行された著書『沖縄ノート』で、赤松隊長は「あまりに巨きい罪の巨魁」だと表現なさったんです。私は小さい時、不幸な家庭に育ったものですから、人を憎んだりする気持ちは結構知っていましたが、人を「罪の巨魁」と思ったことはない。だから「罪の巨魁」と思ったことはない。だから罪の巨魁という人がいるのなら絶対見に行かなきゃいけないと思ったのです。

 曽野綾子が、大江健三郎の『沖縄ノート』の何に拘っているかがわかる。つまり『沖縄ノート』の中の「罪の巨塊(巨魁)」という記述部分である。しかし、ここに、曽野綾子の作家としては致命的とも言うべき、とんでもない誤読、誤解がある。前の記事でも書いたように、曽野綾子は、大江健三郎が「罪の巨塊」と書いた記述を「罪の巨魁」と誤読し誤解している。幼稚園レベルの誤字と誤読、誤解…。ここから全ては始まっている。つまり曽野綾子は、「罪の巨魁」(人間)と解釈しているが、大江健三郎の『沖縄ノート』の記述は、「罪の巨塊」(物)である。つまり、大江健三郎は、「罪の巨塊」という言葉で、「罪の巨魁という人」と言いたいわけではなく、文字通り「罪の巨大な塊」と言いたいわけで、「罪の巨塊」という言葉を、曽野綾子のように「罪の巨魁という人」と解釈することは出来ないどころか、曽野綾子の発言は、まったくの誤解、誤読に基づく妄言ということになる。だから、「罪の巨魁という人がいるのなら絶対見に行かなきゃいけないと思ったのです。」というのも、まったくの誤読に誤読を重ねた上での、謝った解釈に基づくデタラメ発言ということになる。では、大江健三郎の『沖縄ノート』の記述は、そもそも、どうなっているだろうか。

   慶良間の集団自決の責任者も、そのような自己欺瞞と他者への欺瞞の試みを、たえずくりかえしてきたということだろう。人間としてそれをつぐなうには、あまりにも巨きい罪の巨塊のまえで、かれはなんとか正気で生き延びたいとねがう。かれは、しだいに希薄化する記憶、歪められる記憶にたすけられて罪を相対化する。つづいてかれは自己弁護の余地をこじあけるために、過去の事実の改変に力をつくす。・・・・

   これが、問題の『沖縄ノート』の記述部分だが、この「巨きい罪の巨塊のまえで…」という部分を誤読、誤解した挙句、曽野綾子は、哀れにも過剰反応して、見当違いの大江健三郎批判を展開したということだろう。そして多くの無知無学が自慢の保守派が、「待ってました」とばかりに、曽野綾子の間違いだらけの発言を鵜呑みにして、大江健三郎批判へと追従したということだろう。従って、先日の裁判で、大江健三郎は、「罪の巨塊」(物)という表現を、曽野綾子の誤読に基づいて、「罪の巨塊」(物)イクオール「極悪人」と勘違いしている原告の一人に対して、「極悪人なんて書いたことはない。それは曽野綾子の誤読に基づく解釈だ。」と反論したのである。ちなみに、大江健三郎自身は、「罪の巨塊」という表現で、「死体の山」とでも言いたかったらしい。要するに、曽野綾子は、「巨塊」(物)を「巨魁」(人間)と誤読しているのである。作家を名乗る人間としては、余りにも初歩的というか、幼稚というか、実に恥ずべき原始的な誤読である。しかも、いまだに、同じような誤読に基づくデマ情報を各所で、自信たっぷりに撒き散らしているところを見ると、曽野綾子自身が、大江健三郎の『沖縄ノート』をろくに読んでいないのではないか、というだけではなく、少なくとも『沖縄ノート』を再読したり、問題の箇所を点検したりしていないということがわかるだろう。大江健三郎を被告席に引き摺りだしたいのならば、少なくとも大江健三郎の問題の本や問題の記述部分を厳密に点検した上で、正確に引用するべきだろうが、作家を自称しているにも関わらず、曽野綾子は、そんな初歩的な点検すらせずに、間違いだらけの引用と解釈を繰り返しているというわけだ。作家失格である。これでは裁判にもならないだろうと思うのだが、裁判所が告訴を受理したということは、実は裁判官も大江健三郎の『沖縄ノート』をちゃんとは読んでいないのではないか、と思われる。むろん、この対談相手の池田信夫にしてからが、大江健三郎の『沖縄ノート』も、曽野綾子の『ある神話の背景』(『集団自決の真実』に改題)も、まったく読まずに、この対談に出向いてきたことは、明らかである。必読文献や関係資料も読まずに対談に出席する野蛮な「ど根性」(笑)には感服するが、とてもじゃないが、彼の無知蒙昧な喜劇役者的な議論を読む気にはなれない。池田信夫は、従軍慰安婦問題について発言しているが、そんなことは、ネツト右翼でさえ知っているような幼稚な発言ばかりで、所詮は、自分でかんがえたことというより、ほとんどぜんぶ、受け売りだろう。ところで、曽野綾子の『ある神話の背景』(『集団自決の真実』に改題)には何が書いてあるのだろうか。大江健三郎の『沖縄ノート』をどういうふうに批判しているのだろうか、と思って読んでみたら、なんとここでも「誤字」か「誤読」か知らないが、同じように出鱈目な大江健三郎批判が書かれている。僕は、初版本をチェックしていないので、結論は留保するが、曽野綾子の『ある神話の背景』(『集団自決の真実』に改題)そのものが、少なくとも大江健三郎批判の部分は、「誤字」と「誤読」から成り立っている。たとえば、大江健三郎の『沖縄ノート』の問題の部分から引用して、それを批判している箇所があるが、引用自体が「誤字」だから、話にならない。大江健三郎こそ、曽野綾子を名誉毀損、人権侵害で逆告訴すべきだろう(笑)。さて、曽野綾子の『ある神話の背景』(『集団自決の真実』に改題)の中の、誤字(誤植?)だらけの文章から…。

 大江健三郎氏は『沖縄ノート』の中で次のように書いている。

「慶良間の集団自決の責任者も、そのような自己欺瞞と他者への欺瞞の試みを、たえずくりかえしてきたということだろう。人間としてそれをつぐなうには、あまりにも巨きい罪の巨塊のまえで……(後略)」

  このような断定は私にはできぬ強いものである。「巨きい罪の巨塊」という最大級の告発の形を使うことは、私には、二つの理由から不可能である。第一に、一市民として、私はそれほどの確実さで事実の認定をすることができない。なぜなら私はそこにいあわせなかつたからである。第二に、人間として、私は、他人の心理、ことに「罪」をそれほどの明確さで証明することができない。なぜなら、私は神ではないからである。

 まず、曽野綾子は、ここで、『沖縄ノート』から問題の箇所を引用しているが、肝心な「罪の巨塊」という部分を、「罪の巨魂」と、漢字を間違った上で引用をしているが、これが曽野綾子の引用間違いなのか、編集者の校正ミスなのか、わからないが、引用文の中の「誤字」をそのままにして本にしたことは、著者・曽野綾子にも責任がないとはいえないだろう。著者校正というものがあるからだ。しかも、曽野綾子の大江健三郎批判、『沖縄ノート』批判の論拠になっている問題の文字である。校正ミスですむはずがないだろう。そもそも肝心要の問題の漢字を、堂々と「誤読」し、「誤解」し、「誤用」するなんて、しかも、長年の間、誤読し、誤解し、誤用したままでいるなんて、いったい、どういうことだろうか。まさかとは思うが、耄碌でもしているのか。それはそれとして、さらに問題なのは、「私は神ではない」発言である。曽野綾子がカトリック信者だということはわかっているから、彼女がどういう「神」を信じているか、あるいはどういう「神」のイメージを持っているかには別に興味は無いが、≪第二に、人間として、私は、他人の心理、ことに「罪」をそれほどの明確さで証明することができない。なぜなら、私は神ではないからである。≫という部分には、ちょっと待てよ、と言いたくなる。曽野綾子の論理によれば、「罪」や「罪のある人」は、「神」が、あるいは「神」のみが認定し、決定するものなのだろうか。別に、曽野綾子がそう考えているとしても、それを批判する気はないが、日本人であるわれわれが、皆、そう考えなければならないという理由にはならないだろう。曽野綾子の論理を受け入れるならば、これは冗談だが、日本人は、皆、カトリック信者になるべきだ、ということになるかもしれない(笑)。曽野綾子さん、漢字もろくに読めないくせに、日本人をナメるのもいい加減にしろよ、と思わず叫びたくなる、今日、この頃であった。というわけで、次に、曽野綾子の『ある神話の背景』(『集団自決の真実』に改題)に、解説を書いている石川水穂の文章を読んでみると、ここにもまた、曽野綾子の誤読と誤字に輪をかけたような誤字と誤読がきれいに並んでいる。ということは、石川水穂も、問題の大江健三郎の『沖縄ノート』の記述を読んでいないし、曽野綾子の間違いだらけの暴言を鵜呑みにして、そのまま何の疑いも感じることなく、大真面目に引用しているということだろう。石川水穂は、曽野綾子の「現地取材」を、ジャーナリストの鏡として絶賛しているが、テキスト解読や資料分析の方は、曽野綾子と同様に、「手抜き」していいいと思っているのだろう。(続)

|

« うつ病対策しない会社は未来が暗い | トップページ | 『沖縄ノート』裁判・再論 »

雑文」カテゴリの記事

コメント

大変興味深い記事を発信していただきありがとうございます。
「罪の巨塊」という大江健三郎氏の造語をめぐって、「巨魂」あるいは「巨魁」と誤って引用されている問題が起きているということですが、残念ながら貴ブログの中でも「巨塊」と「巨魂」があべこべに引用されている例がいくつか見られました。
「沖縄ノート」の原文にある記述とされる箇所、また山崎行太郎氏のブログの記事とされる箇所でとり違えをされていましたので、どうか今一度、ご確認いただければと思う次第です。
よろしくお願いします。

投稿: Timi | 2007年11月24日 (土) 02時05分

単なる文字の間違いから本自体を読んでいないなんて論理は暴走しすぎ。
事実関係についての争点についてはほとんど触れてないのか触れられないのか。こんな揚げ足取りしかできないところが言わずと物語っているような。

投稿: | 2012年9月19日 (水) 20時38分

この記事へのコメントは終了しました。

« うつ病対策しない会社は未来が暗い | トップページ | 『沖縄ノート』裁判・再論 »