« 労働の戦時体制について | トップページ | 部落問題によせて »

京都の話

先日、京都に行った。雨が降ったり止んだりのあいにくの天気だったが、久しぶりだったし、時間もあったので、百万扁のあたりを歩いてみた。

  比叡山のところどころから、蒸気の煙が立ち昇っていた。

  京都は、小商人と小職人いわゆる町衆の町である。もちろん、京セラのような大企業もあるけれども、町屋を作業場・売り場とする小工業・小商売の町である。もちろん、中心から離れれば、工業地帯もあるし、大型店もある。

  気になったのは、京都駅近くのあたりの町並みの空洞化が激しいことである。

  京都駅はずいぶんりっぱになったが、なんだか親しみにくい感じがする。

  他の都市に比べて、景観保護条例のためか、町の様子があまり変わっていないのがよい。

|

« 労働の戦時体制について | トップページ | 部落問題によせて »

「雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働の戦時体制について | トップページ | 部落問題によせて »