« ドストエフスキー『未成年』の共産主義話 | トップページ | 在特会とファシズム »

転載:ヘイトスピーチは許せない! 

排外主義を封じ込めるために。

ヘイトスピーチは許せない !「行動する保守 !?」にどう向き合うか

集会やりマス!

08142.jpg
ヘイトスピーチは許せない! 
『行動する保守!?』にどう向き合うか


 日時:8月14日(金) (2時半開場)午後3時~9時
 場所:文京区民センター2A
 連絡先:llivingtogether09(@)gmail.com
 ブログ:http://livingtogether.blog91.fc2.com/

 『行動する保守』を自称し、街頭でヘイトスピーチをまき散らす動きが現れています。「在特会」に代表される彼らは、外国籍の住人に「特権」にまもられた「犯罪者」であるというレッテルを貼り、排外主義や差別の感情をあおり立てています。

 しかも、この扇動に「共感」を示す人の数も増えつつあります。彼らは外国人家族や、奪われた尊厳や権利の回復を求める人たちに個人攻撃をしかけています。このただの弱いものいじめを呼びかけ、実行することで満足や解放感を得る人々が登場しているのです。

 私たちは、これらの動きをいずれ消えていく動きとして放置してよいのでしょうか。彼らの行動や言動が、私たちの社会に根ぶかく続いている排外主義、他者を押し殺す社会のありようの戯画であるなら、それに何らかの手を打っていくべきではないでしょうか。この社会に生きるものとして、この動きに正面から向き合うことが今こそ求められていると思います。

 私たちは4月11日に埼玉県蕨市で行われた「在特会」による外国人排除デモへの抗議行動をきっかけに集まり、この問題について話し合ってきました。またこの間、各地で「在特会」のヘイトスピーチに対抗する行動が取り組まれています。これら対抗行動の様々な経験と出会い交流し、排外主義を封じ込めるため、今後何をするべきなのか、皆さんと広く話し合う機会を持ちたいと私たちは考えます。この集会への多くの方の参加を期待します。

 2009年7月21日 
  「ヘイトスピーチは許せない!『行動する保守!?』にどう向き合うか」集会実行委員会

|

« ドストエフスキー『未成年』の共産主義話 | トップページ | 在特会とファシズム »

「雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57588/30817974

この記事へのトラックバック一覧です: 転載:ヘイトスピーチは許せない! :

« ドストエフスキー『未成年』の共産主義話 | トップページ | 在特会とファシズム »