« 11・8鳩山とオバマにモノ申す!普天間基地を即時閉鎖し、辺野古新基地を断念せよ!行動報告 | トップページ | オバマ演説について »

「11月3日に考えたこと」の補足

 「11月3日に考えたこと」の若干の補足です。

 マルクス・エンゲルスの「ドイツ・イデオロギー」の序文にはこんなくだりがある。

 あるときひとりの感心な男が、人々が水におぼれるのはただかれらが重力の思想にとりつかれているからだと想像した。もしもかれらが、この観念を迷信的な観念だとか宗教的な観念だとか宣言でもして頭におかなくなれば、かれらはどんな水難にも平気でいられるであろう、と。一生涯かれはこの幻想とたたかった。重力の思想の有害な結果についてはどの統計もあらたな数おおくの証明をかれにあたえたのだった。この感心な男こそドイツのあたらしい革命的な哲学者たちの典型だったのである(岩波文庫版)

 なお、この部分は、合同新書版にはない。

 ある思想だの観念だのが人々をとらえ、その人を行動に導くには、意志を呼び起こさねばならない。それがたとえ幻想であろうともである。つまり、ドン・キホーテみたいに。しかし、ドン・キホーテを笑うだけではすまないのは、マルクスが言うところの物象化ということがあるからだ。例えば、貨幣は、今では、単なる印刷物に過ぎないが、それを支えているところの社会諸関係によって価値とされており、しかもその基礎には生産関係があるために、たとえ、頭でそういうものだと認識しても、ただちになくすことはできないのである。この物的土台を変革しなければならないのである。では、この変革しなければいけないという意志はどこから生まれるのか。生産関係の矛盾からである。つまりそれがその対立関係の中で動いているところの階級矛盾からである。それを反映するのである。

 そういう類のものは他にもあって、ジョン・レノンのイマージンという曲では、国境のない状態や戦争のない社会を想像してごらん、そうすれば解放されるよといったことが歌われている。なぜ、そういうことを想像すると心地よく、解放感を感じるのだろうか。そういうものに抑圧感を感じているからだ。

 この社会で賃労働していると楽しくないしプレッシャーを感じるのは、そこでの関係に抑圧性があるからだ。レノンにならって言うと、窓の外の通りを、賃労働の廃止と叫ぶデモ隊が通るのを想像してごらん、心地よいだろう、ということ。そうして解放感を感じたら、やっぱり、賃労働で抑圧があると思って間違いないだろう。ここまでは、感覚で把えられるが、それから先は、推理によって進むことが出来る。そういう状態からの解放のために、娯楽でごまかしても一時しのぎでしかないから、例えば、賃上げ闘争というのをしてみる。そのために労組という形態で団結したとして、その場合に、仲間との連帯感があり、それも抑圧からの解放感をもたらすだろう。でも、賃上げはうまくいかないかもしれないし、意見対立などから、仲間割れが起きるかも知れない。でも、その前の解放感の記憶は残る。こうしてこの解放感を手がかりにして、次の解放を求める行動が可能である。もちろん、そうしないことも可能だ。

 では、理論の役割は何か? これは一言で言えば、行く先や足下を照らすライトである。それ以上のものとして理論崇拝に陥ると、上の重力にとりつかれた男のようになってしまう。近代哲学の祖デカルトは、まず感覚を疑えと言って、それでも考える我(コギト)だけは疑えない確実なものだと言った(コギト・エルゴ・スム)。考える我とは理性のことだ。だから、これは理性我と言ってもいいのだが、近代の問題性もずいぶん深まったし、それについての自覚も広く生み出されている。近代は、同時に資本主義の時代である。新たな主体を問うている思想家もいる。近代的な主体、コギト、我=人間=理性というのもくたびれてきた。近代は、この我に私的所有者としての責任主体性を与えたのだった。しかし、共有制は同時に存在してきた。共有地、株式会社、入会地、マンションなどの建物の共有分、夫婦・家族の共有財産、等々。コギトは、この世の全てを我の手にと言う。しかし、この世のすべては誰のものでもない、みんなのものだとイメージすると、心地よい。

 唯物論は、感覚を認識の基礎に据えることで、こうした理性我を疑う。そうして見えてくるもの、そこに真実への接近過程があるということを感じるのである。

|

« 11・8鳩山とオバマにモノ申す!普天間基地を即時閉鎖し、辺野古新基地を断念せよ!行動報告 | トップページ | オバマ演説について »

「雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57588/32144060

この記事へのトラックバック一覧です: 「11月3日に考えたこと」の補足:

« 11・8鳩山とオバマにモノ申す!普天間基地を即時閉鎖し、辺野古新基地を断念せよ!行動報告 | トップページ | オバマ演説について »