« 福島原発 | トップページ | 福島第一原発4号機の火災 »

原発事故、産経ふざけるな!

 この無感覚さはなんだ。こんな時に、「節電に協力しつつ、改めてエネルギーの重要性を考えたい」とは! ずいぶん「同胞」の苦難に冷たい愛国主義者だ。人よりもエネルギーを愛しているんじゃないか。

原発事故 情報の発信で不安鎮めよ
(2011.3.14産経主張)

 東日本大震災によって東京電力福島第1原子力発電所の原子炉が炉心溶融や水素爆発を起こすなど深刻な状況に陥っている。この異常事態で、周辺の住民をはじめ国民の間に不安と混乱が広がりつつある。

 政府と東京電力は、原子炉の冷却と放射性物質の閉じ込めに全力を挙げると同時に、事故の状況を正確にわかりやすく、速やかに伝えていく努力が必要だ。

 第1原子力発電所の1号機(沸騰水型・出力46万キロワット)で起きた炉心溶融と原子炉建屋の外壁を吹き飛ばした水素爆発は、深刻な事故だった。しかし、原子炉圧力容器と格納容器は無事で、多重防護の砦(とりで)によって、核分裂生成物(死の灰)の環境への大量拡散という最悪の事態は回避された。

 それでも多数の住民らが漏れ出た微量の放射性物質で被曝(ひばく)した。命にかかわる放射線量ではないとはいえ、あってはならない事態である。13日には3号機で燃料が熱で変形し、水素がたまった。

 放射能は目に見えない脅威であるだけに、一般人は適切な判断尺度を持ち合わせない。理解可能な情報が適切に提供されないと人々の不安感は増殖してしまう。

 政府は安全上の万全を期すためという理由で、発電所周辺の住民を避難させたが、状況の説明が欠けていた。この点は大いに反省すべきだ。速やかに改善しなくてはならない。

 政府は海外に対しても、今回の原子力事故の適切な情報の発信に努めなければならない。

 多重防護は機能したものの、外国から見れば、炉心の大規模溶融が起きた米スリーマイル島原子力発電所事故や、炉心もろとも大爆発を起こした旧ソ連のチェルノブイリ事故と区別されにくい。

 国民には当然のこと、世界に安心してもらうためにも、広報に力を入れる努力を求めたい。

 第1原子力発電所の事故現場では、原子炉を「止める・冷やす・閉じ込める」の努力が続く。処置を終えた原子炉はまず安全だ。冷静に対応の進行を見守りたい。

 今回の地震と津波で、福島第1と第2原子力発電所などでの発電が停止した。相当な期間にわたって運転再開は望めない。首都圏では、これに伴う電力不足が避けられない。

 節電に協力しつつ、改めてエネルギーの重要性を考えたい。

 核反応生成物、都内で微量検出=セシウムなど、放射線量20倍

 東京都は15日、都内で核反応生成物のヨウ素とセシウムをわずかに検出したと発表した。東日本大震災で被災した福島第1原発爆発事故の影響とみられる。放射線量は同日午前10時台で、14日の20倍以上に当たる毎時0.809マイクロシーベルトだった。桜山豊夫福祉保健局技監は「爆発の影響と考えられるが、都民の健康に影響を及ぼす数字ではない」と話した。(2011/03/15 時事)

 ANN
 福島第一原子力発電所から約100キロ離れた茨城県東海村などで、通常の約100倍の放射線が検出されました。

 東京大学によると、茨城県東海村にある大学の研究施設で、15日午前7時46分までの10分間にわたり、最大6マイクロシーベルトの放射線を検出しました。福島第一原発からは約100キロ離れた場所にあります。現在は下降傾向にあるということです。また、茨城県によると、約70キロ離れた北茨城市役所でも午前5時50分、5.575マイクロシーベルトの放射線を検出しました。これらは通常の値の約100倍にあたります。茨城県などによると、この数値は直ちに人体に影響があるレベルではないということです。

東日本大震災:放射性物質、県外に…福島第1原発(河北新報)

 福島第1原発。左から1号機、2号機、3号機、4号機=福島県田村市上空で2011年3月13日午後4時8分、本社ヘリから西本勝撮影
 東日本大震災の被災地では13日、自衛隊や警察、消防などが6万人以上の態勢で救助・捜索を続けた。毎日新聞のまとめでは14日午前0時現在、死者が1900人超に上り、行方不明者は2万人以上。少なくとも34万人が避難生活を強いられている。気象庁は13日、地震の規模をマグニチュード(M)8.8から9.0に変更し、世界で観測史上4番目の大きさとなった。東北電力は同日、女川(おながわ)原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)の敷地内の放射線監視装置で、原子力災害対策特別措置法で定められた通報義務のある基準値の約4倍に達する放射線量(1時間当たり21マイクロシーベルト)を検出。原子力安全・保安院は、東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)1号機で12日に発生した爆発事故で漏れた放射性物質が南風で約120キロ離れた女川原発周辺に運ばれたとみている。福島第1原発3号機でも炉心溶融が発生し、水素爆発の危険性が浮上した。福島県内で被ばくが判明したのは計22人になった。

 女川原発1~3号機は11日の東日本大震災発生時に自動停止後、燃料の核分裂が生じない、低い温度が保たれる安全な状態となっている。このため、保安院は福島第1原発の爆発で放出された放射性物質だとみている。

 保安院は、女川原発で21マイクロシーベルトの放射線量が検出されたことについて、「健康に影響ない。その後、数値も下がっている」と住民の健康上、心配ないとの見方を強調した。また、放射性物質の影響が広範囲に広がっている点について、避難区域拡大などは必要ないとする。

 一方、政府の原子力委員会の元専門委員、吉岡斉(ひとし)・九州大副学長(科学技術史)は「調べれば被ばく者はもっと増えるだろう。一般市民が広範に被ばくするという、日本では前代未聞の事態だ。原子力発電に対する評価を大きく下げる事故だ」と指摘する。

 ◇被ばく◇
 事故などで放射能を持った物質が漏れ、体に付着する「放射能汚染」や放射線を浴びることによって起きる。受けた放射線の積算量が200ミリシーベルト以下であればただちに健康への影響はないが、それ以上高い場合には、吐き気や倦怠(けんたい)感が起き、さらに高線量ならば即死の危険もある。茨城県の燃料加工工場で99年9月に起きた「JCO事故」では社員や周辺住民666人が被ばくし、社員2人が死亡した。

|

« 福島原発 | トップページ | 福島第一原発4号機の火災 »

「雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57588/39238405

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故、産経ふざけるな!:

« 福島原発 | トップページ | 福島第一原発4号機の火災 »