« 福島県、運動の新段階 | トップページ | 九電やらせとレーニン »

高江ヘリパッドお断り! 辺野古新基地お断り! 7.1防衛省ど真ん前デモ

 3・11後、福島原発事故をめぐっては、汚染水を扱えば水漏れするなど、あいかわらずひどい状態である。あれだけの大地震の揺れやら臨界による高温の発生とか、いろんなことが複合的にダメージを与えれば、コンクリートであれなんであれ、構造物が傷つき、弱り、損壊し、傷んでいることは、誰が考えても明らかで、劣化し、弱くなっている状態の物には、同じ衝撃の力でも、与えられるダメージが大きいということも、常識に属することである。ところが、今や、海江田経産相は、もっとも老朽化が激しいと言われる佐賀県の玄海原発の再稼働を積極的に働きかけ、それに自治体を応じさせようとしている。

 今年の夏は、けっこう暑いように感じる。早めに入った梅雨の時期も、けっこう蒸し暑かったと思う。それでも、電力不足によって大きなダメージがあったということはきかない。そこで、うがった見方かもしれないが、経産省は、原発なしでも電力は足りているという事態になって、「原発なくても大丈夫」ということが人々にわかってしまって、脱原発のリアリティが証明されてしまうのを恐れて、原発再稼働を急いでいるのではないかと思う。

 いずれにしても、原発がなくても電気は賄えるのである。そこで、放射能の汚染を防ぐと共に放射能の健康への悪影響を減らし、なくすという方策を早急に取る必要があるということと、脱原発の具体的な方策を策定することと、それを確実に実行していくことが必要だということは明らかである。脱原発が、脱資本主義となるという中沢新一氏の議論もあるが、それについては私は現段階では確実なことは言えない。確かに、氏の言うように、福島原発事故は、資本主義の行きつく先を示す事態であったというのはうなずける。その前に、リーマン・ショックが、資本主義の最高段階である金融資本主義の行きつく先での破綻を示しているのに続いて、文明的な破綻を示したという点で、資本主義そのものの内部的崩壊の兆候を露わにしたということは言える。大きなところで、資本主義は多くの人々を不幸にするということが明確に示されたのである。もう一発、原発大事故が発生すれば、日本の原発はお終いだということは明らかであるのに、海江田は、もっとも老朽化している玄海原発を真っ先に再稼働させようというのだから、自滅への道を自ら選んで進んでいるとしか思えない。海江田が沼地へと自ら進んで行くのは自由だが、我々を道連れにするのは止めて欲しいものだ。我々には沼地に行かない自由がある! 沼地派は、ベルンシュタイン主義者ばかりではなかった。かつての学生運動の闘士も、今や、政権の中で、沼地派へと転落してしまったのだ!

 同じ沼地派に高江ヘリパット建設工事を強行しようとしている防衛省がある。7月1日、「高江ヘリパッドお断り! 辺野古新基地お断り! 7.1防衛省ど真ん前デモ」があったので、行って来た。神楽坂デモという画期的なデモ・コースである。今はどうか知らないが、かつては、政府高官や政党幹部や財界大物が「料亭政治」を繰り広げたと言われるところで、沖縄の基地撤去を要求するデモが行われたのである。もしかして、その時、神楽坂のどこかの料亭で、防衛関係者と民主党政治家とかの会合が行われてたりして…。

 緊急的な行動であったにもかかわらず、多くの人々がデモに参加し、防衛省前では、警察の執拗な嫌がらせを受けつつも、高江ヘリパット建設中止を求める要請文を読み上げ、防衛省職員に手渡した。それにしても、この問題で、警察は中立を装っていて、自分の意思というものをごまかしている。この問題に賛成なのか反対なのか、態度を明確にせず、中立を装いながら、デモの自由を規制し制限し続けた。警察公務員たちは公共の意思を体現するのだから、かれらが中立などということはあり得ないことで、この場合も防衛省側に立っていることは明らかであった。

 しかし、感動的だし、情況の変化を強く感じるのは、沿道から拍手が来たり、支持の声がかかったり、ビルの窓から手を振る人々の姿を何度も見たことである。かつてはあったと伝え聞いてるが、これまで、自分は経験したことのないことだ。「冬来りならば春遠からじ」だが、あまりにも長い冬が終わろうとしているのか? 雪を割って黄色い花を咲かす福寿草のように、春の到来を告げているのではないか。それは、冬に慣れ過ぎて、もはや春を夢見ることすら諦めてしまって、屈折して心がねじ曲がってしまった活動家の「心の中に花を」咲かせるものなのか。沿道からの人々の注視する視線の強まりを感じつつあったが、それが声になり、表情になり、手を振る行為になり、表現が明確になってきたのは喜ばしいことだ。

 沖縄の米軍基地を撤去せよ!

|

« 福島県、運動の新段階 | トップページ | 九電やらせとレーニン »

「雑文」カテゴリの記事

コメント

沖縄から米軍を撤退させて核基地にしたらいいいと思います。

投稿: | 2011年8月17日 (水) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57588/40696738

この記事へのトラックバック一覧です: 高江ヘリパッドお断り! 辺野古新基地お断り! 7.1防衛省ど真ん前デモ:

« 福島県、運動の新段階 | トップページ | 九電やらせとレーニン »