« プロレタリア国際主義で、改定入管法と対決しよう! | トップページ | ビルマの少数民族 »

6月30日 2012世界難民の日・東京集会

6月30日 2012世界難民の日・東京集会

入管法が変わる! 難民の子供たちの未来は?

English Announcement

賛同者の募集

日時:6月30日(土) 1時開場 1時30分~4時

場所:早稲田奉仕園 リバティホール
〒169-8616 新宿区西早稲田2-3-1
東西線早稲田駅 徒歩5分
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html


参加費:500円(カンパ歓迎)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7月から入管法が変わります、在日難民の皆さんは、不安でいっぱいです。
難民の子どもたちはどうなるのでしょうか?
私たちには縁遠いと感じられる入国管理法ですが、日本にいる移民や難民の方々にとっては、その運用次第で運命が大きく変わるほどのものです。

日本の企業はいま、海外での生産や販売を増やすことに活路を求め、政治も国際社会の一員としての存在感を目指しています。つまり日本は今後、国際社会の一員としてやっていくほかないということです。
しかし日本は、世界から見て「難民鎖国」といわれるほど、特殊で片寄った難民行政をやってきました。
そのため、これまで多くの在日難民が悩み苦しんできました。

さ て、この7月から、60年ぶりに改定された新しい入国管理法が施行される予定です。しかし残念ながら、とくに難民申請者の方たちにとっては「良い方向」へ の改正ではなく、さまざまな問題を引き起こしそうです。なかでも最大の犠牲者は、何の罪もない難民申請者の子どもたちでしょう。

皆さん、この改定入管法の中身を、ちょっぴりでも知っておいて下さい。
そして、難民の子どもたちがどうなるのかを考えてください。
日本人の人権感覚が、国際社会から問われています。

賛同者の募集

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全体の流れ

1時開場 1時30分開演

第1部 講演 民主党 今野東議員

     難民の証言

休憩 

第2部 子供たちのリレートーク

     演劇

     全体に関しての質疑応答

     歌(子供たちと参加者)

16:00終了

17:00完全撤収

難民の方々の手作りアクセサリーなども販売しております。


連絡先
酒井 042 998 5501
nankirensato@jcom.home.ne.jp

|

« プロレタリア国際主義で、改定入管法と対決しよう! | トップページ | ビルマの少数民族 »

入管」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57588/45519504

この記事へのトラックバック一覧です: 6月30日 2012世界難民の日・東京集会:

« プロレタリア国際主義で、改定入管法と対決しよう! | トップページ | ビルマの少数民族 »