« レーニンの女性解放論 | トップページ | アフリカでなぜ難民が発生するのかの理解を深めるために(資料)① »

6.16難民問題とアフリカ―難民講座の御案内―

難民問題とアフリカ難民講座の御案内

「横浜宣言2013」を採択して第5回アフリカ開発会議TICADが終わりました。これから世界最大の市場となるアフリカに、日本の政財界は熱い視線を送り、3兆2千億円の資金拠出を決めました。

 アフリカには54もの国があり、民族や資源その他をめぐる紛争も多く、難民を生み出しています。昨年日本で難民申請をした人も、ナイジェリア118人、ガーナ104人、カメルーン58人など、アフリカ各国が増えています。

今回の難民講座は、こうしたアフリカ難民問題を理解する一助として、在日コンゴ人の方などから報告していただきます。ぜひご参加ください。

★616日(日) 13時半~16

★新宿区立元気館(:0332026291)

副都心線西早稲田駅エレベーター口すぐ。高田馬場駅から徒歩10分。都立戸山高校となり。明治通り。

★報告

・七充子(ななみちこ)さん(夫がコンゴからの難民)

Eric Kimpiobさん(コンゴから留学、長く日本でビジネスをされている方)

・ブルンジ難民ベルトランドさん(予定)

・事務局からのアフリカ情勢の報告

★資料代400

★主催:難民を支援し連帯する会(0429985501さかい)

|

« レーニンの女性解放論 | トップページ | アフリカでなぜ難民が発生するのかの理解を深めるために(資料)① »

情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6.16難民問題とアフリカ―難民講座の御案内―:

« レーニンの女性解放論 | トップページ | アフリカでなぜ難民が発生するのかの理解を深めるために(資料)① »