« ハーヴェイ『コスモポリタニズム』 | トップページ | 階級社会について »

ブントにあらずば人にあらず?

 

 「ブントにあらずば人にあらず」は、もちろん冗談だが、しかし、今日、脱原発、特定秘密保護法案反対で、数万単位の人々が国会を取り囲むことが続いている情勢に対応しようとするなら、ブント(共産主義者同盟)という言葉に象徴されるようなラディカルな変革運動ということを意識するのが当たり前である。

 革命と言ってもいいが、そういうところからは、ブントか知識人・学者かとかいう類の答えは、全てブント、イエスである。ブント主義、運動のラディカルな推進とそれに対応する主体性を形成しつつ、それとマッチし、発展させる組織の形成、ということになる以外にない。異性かブントか? ブント。家族かブントか? ブント。生かブントか? ブント。……
 いずれにしても、全て、「ブント」ということになる。

|

« ハーヴェイ『コスモポリタニズム』 | トップページ | 階級社会について »

「雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57588/54375085

この記事へのトラックバック一覧です: ブントにあらずば人にあらず?:

« ハーヴェイ『コスモポリタニズム』 | トップページ | 階級社会について »