音楽

モラルは大人からである

 年金問題といい、防衛庁汚職事件といい、船場吉兆の表示改ざんといい、どんどんこの国・社会は、壊れていっているように感じる今日この頃である。

 しかしながら、そうした世間の中からも、新しい時代の登場を予感させる新たなものが日々生まれていものもある。

 それを感じるのは、例えば、一方では、エゴに犯されて醜い姿をさらけ出している政治家や大金持ちや官僚たちがいるかと思えば、他方で、きわめて対人関係で丁寧な態度を示す若者が多いことである。大体、歩道などを三列四列になって、道を塞いで、平気で大声でしゃべって歩いているのは、中年以上の人であって、若者の集団は少ない。肩があたったわけでもないのに、こちらの歩みを妨害したと思うのか、「すみません」と言うのは、ほぼ若者ばかりである。

 もちろん、他方には、我が物顔で、道の真ん中を闊歩する者もいるが、それは極めてまれである。それにもかかわらず、「今の若者は」などと、大人が若者に説教を垂れたがるのは、エゴ丸出しといわざるを得ない。

 モラルは、大人の間で崩壊しつつあるのであり、それに対して、若者へ教育で押し付けようとするのは、大間違いである。「魁より始めよ」のことわざどおり、まず、いい年して、エゴ丸出しで、醜い姿を平気で公衆の前にさらしている大人たちの方が教育されねばならない。

 

| | コメント (0)